AGA治療のQ&A

AGAの治療で保険が適用されない理由は?少しでも費用を抑えるには?

病院やクリニックの治療は保険診療と自由診療の2種類!

病院やクリニックの治療は保険診療と自由診療の2種類!

AGAに限らず、病院やクリニックで行われている治療は保険診療と自由診療の2種類に大きく分けられます。

これは厚生労働省によって決められているのが特徴で、保険診療と自由診療の違いを見ていきましょう。

  • 保険診療⇒健康保険によって行われている医療を指し、私たち患者は3割を負担すれば良い
  • 自由診療⇒保険が適用されない医療を指し、治療にかかる費用を全て負担する必要がある

自由診療は国が治療費を負担してくれないため、必然的に病院やクリニックへと支払う費用が高くなりやすいですね。

「支払うお金が高くなるなら保険診療を受けた方が絶対に良い」と考えている方は多いものの、自由診療には次のメリットがあります。

  • 自分の体質や病気の状態に合わせたきめ細かな処置を受けられる
  • 最先端の技術を用いた医療で悩みやコンプレックスを解消できる
  • 精度の高い治療を受ければ早期に完了しやすい

同じ病気でも保険が適用されるのかどうか病院の判断によって異なりますので、どちらが今の自分に適しているのか比較しなければなりません。

 

AGAの治療で保険が適用されない理由をチェック!

一般皮膚科でもAGA専門クリニックでも、AGAの治療は保険が適用されないと決められています。

クリニックの公式サイトで治療のメニューや費用を見ていて、「何でこんなに料金が高いんだ??」と疑問を抱えている男性は多いのではないでしょうか。

これは保険の適用されない自由診療と設定されているのが理由で、3割負担ではなく全額を負担しなければなりません。

そこで、以下ではAGAの治療で保険が適用されない幾つかの理由をまとめてみました。

 

厚生労働省が定める保険診療に該当しない

AGAの治療で保険が適用されないのは、厚生労働省が定める保険診療に該当しないのが大きな理由です。

どんな治療だと健康保険が適用されるのか幾つかの例を見ていきましょう。

  • 風邪やインフルエンザの治療
  • 歯科医院での虫歯の治療
  • 身体に異常がある時の診察や検査
  • 医療保険の対象となる医薬品の処方
  • 入院中の食事や生活療養
  • 在宅療養や訪問看護

これらの中にAGA(男性型脱毛症)という記載はなく、保険証を掲示しても治療にかかる全ての費用を支払わなければならない点では一緒ですよ。

自由診療と設定されているのはどの病院でも一緒で、AGAの治療で保険が適用されるクリニックは日本に存在しません。

 

審美目的の治療だと判断されている

基本的に健康保険が適用される治療は、私たちが安全に生きていくために欠かせない処置となっています。

しかし、AGAによる抜け毛や薄毛の症状は、美容整形と同じように審美目的の治療だと判断されています。

仮に30代や40代と年齢を重ねてAGAを発症したとしても、命の危険に晒されるわけではありません。

  • 薄毛を放置しても健康的に生きていくことはできる
  • 髪の毛がなくなってツルツルになっても命に別状はない
  • 自分が気にしなければ無理にAGAの治療を受けなくても良い

上記のように考えられていますので、病院や治療法に限らず保険が適用されないわけです。

 

AGAの治療で少しでも費用を抑えるにはどうすれば良いの?

AGAの治療で少しでも費用を抑えるにはどうすれば良いの?

美容外科で豊胸手術を受けたり、歯科医院でホワイトニングを受けたりするに当たり、審美目的だからこそ全ての治療費を個人で負担しなければなりません。

見た目を美しくする点ではAGAの治療も全く一緒で、次のように方法に限らず保険が適用されない仕組みとなっています。

  • プロペシアやザガーロなどの飲み薬(5,000円から7,000円前後)
  • ミノキシジルなどの塗り薬(8,000円から10,000円前後)
  • 育毛メソセラピーやHARG療法などの毛髪再生療法(1回当たり50,000円~100,000円)
  • FUE法やFUT法などの自毛植毛(広範囲の薄毛は100万円以上)

費用の負担が大きくなれば治療を継続するのが難しくなるため、以下ではAGAの治療で少しでも費用を抑える方法をまとめてみました。

  • AGAの専門クリニックではなく一般的な街中の皮膚科へと受診する
  • フィンペシアやファイザーなどジェネリック医薬品を処方してもらう
  • 病院やクリニックではなく個人輸入代行サイトで医薬品を購入する
  • 治療費が安くなるキャンペーンが実施されたクリニックへと足を運ぶ

保険の適用されない施術という点では一緒でも、クリニックの選び方や治療法の選択で少しは安くなります。

以下のページではAGAの治療の予算がどのくらいなのか詳しく説明していますので、抜け毛や薄毛の症状で悩んでいる男性は一度チェックしておきましょう。

 

AGA治療の予算はどのくらい?少しでも安く済ませるには?

 

料金の安さで比較するならAGAスキンクリニックがおすすめ!

料金の安さで比較するならAGAスキンクリニックがおすすめ!

料金の安さで比較するのであれば、数多くの病院の中でもAGAスキンクリニックがおすすめです。

保険が適用されない点では一緒ですが、患者さんの金銭的な負担を少しでも減らそうとしてくれていますよ。

そこで、以下ではAGAスキンクリニックでどのくらいの費用が発生するのか、治療別でまとめてみました。

  • 初診料や血液検査:キャンペーン中につき無料
  • プロペシア:初回は4,200円
  • ファイザー:初回は3,400円
  • ザガーロ:初回は4,800円
  • オリジナル発毛薬:14,000円~22,000円
  • Dr’sメソ治療:2㏄で1回当たり50,000円
  • AGA幹細胞再生治療:2㏄で1回当たり60,000円
  • LED治療ヘアビーム(Hair Beam):250,000円

定期的に年末年始キャンペーンや開院キャンペーンなど料金が安くなる特典も用意されていますので、AGAの悩みを抱えている男性はAGAスキンクリニックへと足を運んでみてください。

 

参考 AGAスキンクリニックの公式サイトはこちら

 

AGAスキンクリニックの評判をまとめてみた

 

AGAの治療は保険が適用されなくても医療費控除の対象となるケースもある!

AGAの治療は保険が適用されないため、「医療費控除の対象とならないのでは?」とイメージしている男性は少なくありません。

以下のページでも詳しく説明していますが、医療費控除とは上限を200万円として申請すると1年間で発生した治療費の10%が返還される手続きのことを指します。

 

AGAの治療で医療費控除は適用される?

 

医療費控除の対象となるのかどうかは、次のようにAGAの治療法によって違いがありました。

<医療費控除が適用されるケース>
病院やクリニックでプロペシアやミノキシジルを処方された
育毛メソセラピーや自毛植毛などの専門的な治療を受けた

 

<医療費控除が適用されないケース>
個人輸入代行サイトでプロペシアを購入した
ドラッグストアで育毛剤や発毛剤を購入した

専門の医師による治療を受けているのかどうかで、適用されるのかされないのか決まります。

 

まとめ

以上のように、AGAによる抜け毛や薄毛の症状を治療するに当たり、保険が適用されない理由についてお分かり頂けたのではないでしょうか。

全額を負担しなければならないからこそ治療費用は高くなりやすいのですが、最先端の自由診療で薄毛を克服できますので、コンプレックスを抱えている男性は専門のクリニックへと相談してみてください。

-AGA治療のQ&A

東京のおすすめAGAクリニック

1
AGAヘアクリニックの評判をまとめてみた

目次1 AGAヘアクリニックで実施されているAGA治療の特徴は?1.1 医師の診 ...

2
AGAスキンクリニックの評判をまとめてみた

目次1 AGAスキンクリニックで実施されているAGA治療の特徴は?1.1 1ヵ月 ...

3
ヘアメディカルの評判をまとめてみた

目次1 ヘアメディカルで実施されているAGA治療の特徴は?1.1 治療費が1ヶ月 ...