AGA治療の基礎知識

AGA治療はいつまで行えば良い?一生続けなければならない?

2017/06/15

AGA治療はいつまで行えば良いの?

AGA治療はいつまで行えば良いの?

AGAによる薄毛を治療するに当たり、以下の疑問を抱えている男性は少なくありません。

  • いつまで治療を行えば良いの?
  • このままずっと薬を飲む必要があるの?

確かに、医薬品を使ったAGA治療は自宅での対策とは違い、医学的な効果が認められているのでしっかりと変化を実感できます。

一方で内服薬を服用したり外用薬を塗ったりしている中で、「いつまで使い続ければ良いのだろうか?」とふとした瞬間に疑問が浮かぶのです。

 

AGAの治療薬は使っている期間だけ効果が出る

いつまでAGAの治療を続けるのか考える前に、まずは治療薬の効果について知っておかなければなりません。

どの治療薬においても、基本的に使っている期間だけ効果が出るのが特徴です。

  • AGAの原因のDHTを抑制できるプロペシアの効果は飲んでいる期間だけ
  • 発毛効果を得られるミノキシジルの効果は頭皮へと塗布している期間だけ
  • 病院やクリニックで用意されているオリジナル発毛薬も使っている期間だけ

上記のように種類によって違いがなく、AGA治療における毛髪量の維持は服用している時のみ期待できます。

風邪薬やインフルエンザを治療する抗生物質であれば、治療薬の使用で時間が経過すれば自然と治っていくでしょう。

一方でAGAが原因の薄毛は風邪のように簡単な話ではなく、一生涯に渡って付き合っていかなければなりません。

 

AGAの治療を中止すると症状が進行する

AGAの治療を中止すると症状が進行する

男性の体質や髪質に限らず、AGAの治療を中止すると症状が進行する点では一緒です。

この現象をリバウンドと呼んでいる方も多いのですが、ダイエットとは大きく異なります。

  • ダイエットのリバウンドは必ずしも引き起こされるわけではない
  • 薄毛におけるリバウンドはAGAを発症している男性であれば確実に再発する

このような違いがあり、内服薬や外用薬を使っても完治しない進行性の病気なのです。

治療薬の服用を中止するとどんな状態に陥るのか見ていきましょう。

  1. プロペシアやミノキシジルの効果には個人差がある
  2. 一般的には早い人で3ヶ月、平均では6ヶ月くらいで変化がある
  3. 内服薬や外用薬の使用をやめると薬を使わない以前の状態に戻る
  4. 男性ホルモンのDHTが生成されてヘアサイクルが乱れる
  5. 再び薄毛が進行して頭頂部や前頭部のハゲは酷くなる

プロペシアによるDHT抑制効果やミノキシジルによる血管拡張作用は得られず、元の体質に戻るのが大きな理由です。

「数ヶ月間だけ専門の病院を受診して治療を受ければ良い」という単純な話ではないと、頭に入れておかなければなりません。

 

AGA治療をいつまで続けるのかは個人の判断で異なる

AGAは完治しない進行性の病気ですので、治療をいつまで続けるのかは個人の判断で異なります。

  • 20代前半から治療を始めて20代後半で改善した⇒治療をやめる
  • 30代の後半ではまだ満足のいく変化が出ていない⇒そのまま継続する
  • 40代に入って年相応のヘアスタイルになった⇒治療薬の量を減らす
  • 60歳になって「もういいかな」と思い始めた⇒治療をやめる

こういった感じで、個人のライフステージや考え方で大きな違いがあるのです。

AGAは他の病気とは違って絶対に治さなければならないと決まっているわけではなく、特に髪の毛が薄い状態が気にならないのであれば放置しても良いでしょう。

他人にうつる感染病ではありませんし、いつから始めてもいつまで続けても良いのが特徴です。

とは言え、個人の年齢や薄毛の症状によって適切な治療は異なるので、専門病院のAGAスキンクリニックでの相談をおすすめします。

  • 軽度のAGAの男性は料金が安いプロペシアの処方
  • 中等度のAGAの男性にはオリジナル発毛薬の処方
  • 重度のAGAの男性には頭皮へとカクテルを注入するDr’sメソ治療(AGAメソセラピー)

上記のように今の自分に合う適切な治療を提案してくれるので、まずはAGAスキンクリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

 

>>> AGAスキンクリニックの公式サイトはこちら

 

>>> AGAスキンクリニックの評判はこちら

 

AGAの治療は一生続けなくても良い!

薄毛に対する考え方は個人で大きく異なるため、必ずしも治療を一生続けなくても良いのです。

「AGAは完治しない=一生薬を飲み続ける(薬漬けになる)」とイメージしている男性は少なくありません。

AGAの体質自体が完治しないのは紛れもない事実ですが、治療の方法や取り組み方は下記のように臨機応変に変えられます。

  1. 20代で若ハゲなのは精神的に辛いから徹底的にAGA治療へと取り組む
  2. 最初は内服薬の服用と発毛効果の高い育毛メソセラピーを併用する
  3. 治療を続けて大分回復したから注射治療の代わりにミノキシジルを使う
  4. 30代になって十分に発毛できたから治療間隔を延ばしたり薬の量を減らしたりする
  5. 40代ではまだ見た目を気にするからプロペシアだけは飲み続ける
  6. 50代になって年相応の髪型になったからきっぱりとAGA治療をやめる

「もう今の髪型で大丈夫」と考える年齢は個人によって異なるものの、一生涯に渡ってAGA治療を続けなくても良い理由はお分かり頂けるのではないでしょうか。

もちろん、70代や80代になってもハゲるのが嫌だと考えている男性は、頻度を減らしたとしても何かしらの治療や対策は必要です。

 

まとめ

AGAは他の病気の治療とは違って一生涯に渡って行うのではなく、いつまで続けるのかは自分の判断によって変わります。

しかし、治療をやめたり頻度を減らしたりすると症状の進行に繋がりやすいのは事実なので、以下の対策も同時に行うべきです。

  • 偏った食生活を見直して髪の毛に必要な栄養素をバランス良く摂取する
  • 毎日十分な睡眠時間を確保して成長ホルモンの分泌を促す
  • 肥満も過激なダイエットも避けてベストな体重をキープする
  • AGAの原因物質を増やすタバコをやめる(禁煙にチャレンジする)

生活習慣の見直しで理想の髪の毛や髪型をキープできるので、自分のできる範囲で取り組んでみてください。

-AGA治療の基礎知識