AGA治療のQ&A

AGAの男性がドライヤーの使い方で押さえておきたいポイントとおすすめの製品

2018/05/12

AGAの悪化を防ぐ目的でドライヤーを使った方が良い理由

AGAの悪化を防ぐ目的でドライヤーを使った方が良い理由

「ドライヤーは髪の毛に良くないからAGAの男性は使わない方が良い」といったイメージを持っている男性はいませんか?

確かに、ドライヤーは熱風を髪の毛に直接当てる形となりますので、AGAによる抜け毛や薄毛の症状の悪化に繋がりそうな気がしますよね。

しかし、実はAGAの悪化を防ぐ目的でドライヤーはおすすめのアイテムで、その理由をまとめてみました。

  • タオルドライだけでは髪の毛や頭皮を乾かすことができない
  • 頭皮が濡れた状態が続くとカビの一種のマラセチア菌が繁殖する
  • 雑菌の繁殖で頭皮環境が悪化して髪の毛に加わるダメージが増える
  • 体温低下を引き起こして頭皮を流れる血流が悪くなる

普通にドライヤーを使っている分には、AGAの症状が進行することも抜け毛が増えることもありません。

むしろ、お風呂に入った後に自然乾燥させるスタイルの方が髪の毛に良くないので、AGAで悩んでいる男性にとってドライヤーは必須ですよ。

 

AGAの男性がドライヤーの使い方で押さえておきたいポイント

AGAを発症している男性に限らず、他の年齢の人や女性もお風呂上がりはドライヤーで髪の毛を乾かす必要があります。

ただし、次のように間違った方法でドライヤーを使っていると、頭皮や髪の毛に余計なダメージが加わりやすいので注意しないといけません。

  • 髪の毛がパサパサになるのを防ぐためにきちんと乾かさない
  • 冷風機能や扇風機を使って髪の毛の水分を飛ばしている
  • 熱風を頭皮や髪の毛に当てる時に近付け過ぎている

ここではAGAの男性がドライヤーの使い方で押さえておきたいポイントを紹介していますので、抜け毛や薄毛をこれ以上進行させたくないと考えている方は一度目を通しておきましょう。

 

ドライヤーを使う前にバスタオルで拭く

お風呂に入って髪の毛を洗った後に直ぐドライヤーを使うのではなく、最初にバスタオルを使ってタオルドライをするのがポイントですね。

最初にバスタオルを使って水気をある程度取り除いていれば、髪の毛が熱風によるダメージを受けにくくなります。

自然乾燥で頭皮を濡れたままにするのは髪の毛に良くないと説明しましたが、ドライヤーを使う時間があまりにも長いのはAGAに良くありません。

タオルドライをすればドライヤーの使用時間を短くできるものの、洗髪後に水気を拭き取る時は次の2点を押さえておく必要があります。

  • 毎日清潔なバスタオルを使う
  • 髪の毛同士をゴシゴシと擦らない

水やお湯で濡れている髪の毛はキューティクルが柔らかくなって外部刺激を受けやすい状態となっていますので、なるべく優しいヘアケアを意識しましょう。

 

髪の毛から20㎝くらい離して根元から乾かす

AGAによる抜け毛や薄毛の症状の悪化を防ぎたいのであれば、なるべく半乾きの状態を避けないといけません。

自然乾燥だと頭皮の雑菌が増加したり血行不良を引き起こしたりしますので、AGAを発症している男性ほどドライヤーは欠かせないアイテムです。

しかし、雑な方法で髪の毛を乾かすのはあまり良くないので、次の点を意識してドライヤーを使ってみてください。

  • 熱風による刺激を減らすために髪の毛から20㎝程度離す
  • 頭皮を素早く乾かすために根元から温風を当てていく
  • 一点に熱が集中しないようにまばらに乾かしていく

根元から毛先にかけて乾かしたり同じ箇所を集中的に当てたりしなければ、余計なダメージを与えることなくお風呂上がりの髪の毛を乾かすことができますよ。

 

温風と冷風を上手く使い分ける

頭皮ケアやヘアケアにおいて、温風と冷風を上手く使い分けるのは大事なポイントです。

どちらも髪の毛を乾かせる点では一緒ですが、温風と冷風では次のように役割が違います。

  • 温風は髪の毛や頭皮を素早く乾かすことができる代わりに、肌の乾燥が引き起こされやすい
  • 冷風に速乾性はないが、キューティクルを引き締めたりボリュームを抑えたりする働きを持つ

ドライヤーの冷風だけを使っていると髪の毛が完全に乾くまでに長い時間がかかりますので、温風で生乾きの状態まで持っていった後に冷風で仕上げるようにしましょう。

 

ドライヤーで髪の毛を乾かした後に育毛剤を使う

AGAを治療する目的で育毛剤を使う予定の男性は、ドライヤーで髪の毛を乾かした後に塗布しないといけません。

お風呂前だと洗髪で育毛剤が流れ出てしまいますし、頭皮や髪の毛が濡れたままの状態では育毛剤の中に入っている有効成分が薄くなって本来の発毛効果を得られなくなります。

つまり、以下のようにドライヤーと育毛剤を使うタイミングに気を配ってみましょう。

  1. 最初にシャンプーで髪の毛を洗って頭皮に付着している汚れを落とす
  2. タオルドライとドライヤーを使って髪の毛をしっかりと乾かす
  3. 完全に乾いた後に頭頂部や前頭部など、AGAによる薄毛が気になる部分を中心に育毛剤を塗布して浸透させる(頭皮マッサージを併用する)

AGAの治療で使う育毛剤は市販されている製品ではなく、血管拡張作用で確かな発毛作用を得られるミノキシジルがおすすめですね。

AGAヘアクリニックではミノキシジルを使った外用薬と内服薬の両方を処方してくれますので、AGAによる薄毛を食い止めて自分の髪の毛をしっかりと生やしたい男性は一度無料カウンセリングを受けてみてください。

 

参考 AGAヘアクリニックの公式サイトはこちら

 

AGAヘアクリニックの評判をまとめてみた

 

AGAを発症している男性におすすめのドライヤーはこれだ!

AGAを発症している男性におすすめのドライヤーはこれだ!

ドライヤーで髪の毛を乾かしてAGAによる薄毛を対策すると言っても、家電量販店にはたくさんの種類の製品が出回っています。

大手のメーカーのドライヤーを選んでいれば間違いはないものの、製品によって乾くスピードや搭載されている機能に違いがあるのが特徴です。

以下ではAGAを発症している男性におすすめのドライヤーを幾つか紹介していますので、選び方で悩んでいる男性は参考にしてみましょう。

  • ダブルミネラルが髪の毛に浸透し、摩擦のダメージを抑えたりキューティクルの密着性を高めたりする「パナソニック ヘアドライヤー ナノケア」
  • 2種類のイオンが髪の毛と頭皮に潤いを与え、乾かしながら乾燥も同時に予防できる「クレイツイオン ドライヤー スーパーモイスト シャインベール」
  • 独自技術のバイオプログラミングにより、熱によるダメージから守ってハゲや薄毛の症状を予防できる「ヘアビューザー エクセレミアム2」
  • ドライヤーの吹き出し口から発せられる電磁波を抑制して、髪の毛の痛みを抑えられる「バンユウ DY-3600N 遠赤外線低電磁波セラミックドライヤー」
  • トルマリン黄土テクノロジーで髪の毛に潤いを出したりツヤをキープしたりできる「エスセブン プレステージ S-705」
  • 熱による髪の毛のダメージを防いだり風圧をコントロールしたりする機能を持ち合わせている「ダイソンスーパーソニック」

多機能に渡るドライヤーは値段が少々高いものの、効果的なヘアケアがこれからできるのであれば安いものです。

家電量販店やインターネット通販で自分に合うドライヤーを探し、AGAによる抜け毛や薄毛の症状を対策してみてください。

-AGA治療のQ&A

東京のおすすめAGAクリニック

1
AGAヘアクリニックの評判をまとめてみた

目次1 AGAヘアクリニックで実施されているAGA治療の特徴は?1.1 医師の診 ...

2
AGAスキンクリニックの評判をまとめてみた

目次1 AGAスキンクリニックで実施されているAGA治療の特徴は?1.1 1ヵ月 ...

3
ヘアメディカルの評判をまとめてみた

目次1 ヘアメディカルで実施されているAGA治療の特徴は?1.1 治療費が1ヶ月 ...