AGA治療の基礎知識

AGAが治らない人に共通する特徴

AGAが治らない人に共通する特徴はこれだ!

AGAが治らない人に共通する特徴

「AGAによる薄毛は薬を服用したりクリニックに足を運んだりすれば絶対に治る」とイメージしている人はいませんか?

確かに、AGAは何もしなければ症状が進行していきますので、自分の体質や症状に合わせた治療を受けるのがベストです。

しかし、AGAの治療や対策をしても、次のように治らない人はいます。

  • 前頭部や頭頂部から髪の毛が生えてこない
  • 薄毛の症状の進行をストップできない
  • 中々変化や効果を実感することができない

費用と時間をかけて治療を受けているのにも関わらず、髪の毛や薄毛の症状に変化が出ないのはショックですよね。

そこで、以下ではAGAが治らない人に共通する特徴を幾つか紹介していますので、「あまり効果がないな・・・」と悩んでいる男性は一度目を通しておきましょう。

 

AGAの治療を開始する年齢が遅い

治療を開始する年齢が遅い

AGAの治療を開始する年齢があまりにも遅い男性は、継続しても治らない可能性があります。

例えば、AGAの代表的な内服薬のプロペシア(フィナステリド)は、高齢(41歳~60歳)よりも若い年齢(18歳~41歳)の方が高い効果を実感できるのが特徴です。

なぜ年齢を重ねるほど薄毛の治療が難しくなるのか、考えられる理由を幾つか挙げてみました。

  • 頭頂部や前頭部の薄毛の症状は年齢を重ねるにつれて進行していく
  • 成長期⇒退行期⇒休止期のヘアサイクルが行われなくなると、毛根が閉じて発毛しなくなる
  • 毛乳頭や毛母細胞が死滅すると自毛植毛しか治療の選択肢がなくなる

AGAが手遅れの状態になった場合、プロペシアやミノキシジルを服用しても意味がありません。

つまり、「自分はまだ大丈夫だろう」とAGAを放置するのではなく、薄毛が気になった段階で早めに治療に取り組むのがポイントですよ。

 

独自の方法で薄毛を治そうとしている

独自の方法でAGAの対策や治療に取り組むのは、AGAが治らない人に共通する特徴になります。

AGAの治療にお金がかかるのが嫌だと考えて、「ワカメなどの海藻をたくさん食べる」「ひじきを毎日の食生活に取り入れる」といった方法を行う男性は注意が必要です。

民間療法で症状を克服できた人はいますが、医学的根拠がある治療と比較してみるとそこまで大きな効果はありません。

独自の方法でAGAを対策するのではなく、専門のクリニックで治療を受けるメリットは次の3つです。

  • 医学的に効果が立証された医薬品を処方してくれる
  • 症状が進行した薄毛でも回復が十分に見込める
  • 専門医のアドバイスやサポートを受けながら治療を継続できる

専門のクリニックでは個人の体質や症状に合わせた治療を提供してくれますので、今まで民間療法に頼ってきた男性はAGAヘアクリニックを受診してみましょう。

AGAヘアクリニックでは、医学的根拠のある方法を使ったオーダーメイド治療が実施されています。

治療法によっては1ヵ月当たり5,500円~と金銭的な負担を抑えることができますので、まずはAGAヘアクリニックを受診して無料カウンセリングを受けてみてください。

 

参考 AGAヘアクリニックの公式サイトはこちら

 

AGAヘアクリニックの評判をまとめてみた

 

効果が出ないのに同じ治療法ばかりに取り組んでいる

効果が出ないのに同じ治療法ばかりに取り組むのは、AGAが治らない人に共通する特徴ですね。

AGAの治療薬と一口に言っても、下記のようにたくさんの種類があります。

  • 5αリダクターゼの働きを阻害してDHTの生成を抑えられるプロペシア
  • 血管拡張作用で頭皮の血流を促して発毛を目指せるミノキシジル
  • 2種類の5αリダクターゼを阻害できるザガーロ(デュタステリド)

AGA専門クリニックであればどの医薬品も取り扱っているものの、AGAの診療ガイドラインでは「1年間に渡って外用薬や内服薬によるAGA治療を受けて症状の改善が見られない場合は、自毛植毛やカツラの使用を推奨しています」と説いていました。

つまり、効果が出ない方法を2年間も3年間も続けていても、AGAによる抜け毛や薄毛の改善は見込めないわけです。

そのため、投薬療法で症状の改善が見込めない男性は、育毛メソセラピーや自毛植毛など別のAGA治療を検討した方が良いでしょう。

※育毛メソセラピーによるAGA治療の効果やおすすめのクリニックについては下記のページで説明しています。

 

育毛メソセラピーによるAGA治療が受けられるクリニック3選!

 

医薬品の用法や用量を守っていない

内服薬

プロペシアにしてもミノキシジルにしても、AGAの治療薬はそれぞれ用法や用量が決められています。

この正しい使い方を守らずに、独自の判断で医薬品を服用している男性はAGAを治すことができません。

中でも個人輸入代行サイトでAGAの治療薬を購入して服用している男性は要注意で、その理由を幾つか挙げてみました。

  • WHO(正解保険機関)の調べでは、現在流通している薬の約10%は偽造品だと分かっている
  • 専門の医師や看護師から医薬品の正しい服用方法について説明を受けることができない
  • 効果が出ないだけではなく、副作用で悩まされるリスクが高くなる

自分の勝手な判断でAGAの治療を行うと、「薄毛改善の効果が出ない」「副作用のリスクが高くなる」といった問題が出てきますので、専門の病院やクリニックを受診してみてください。

 

短い期間で治療を諦めてしまう

短い期間で治療を諦める

効果のないAGA治療を続けるのは良くありませんが、逆に短期間で効果なしと諦めるのはNGです。

短い期間で「自分には意味がない」「自分には効かない」と治療を断念するのは、AGAが治らない大きな原因になっていますよ。

AGAの治療は時間がかかるケースが多く、髪の毛が抜け落ちてから太く長く成長するまでには2年~6年の月日がかかるのが理由です。

投薬治療にしても育毛メソセラピーにしても、1週間や2週間でフサフサの髪の毛を手に入れられるわけではありません。

つまり、AGAは根気良く諦めずに治療を継続するのが重要です。

少し試しただけで治療を中止するのは、それまでに使ったお金や時間を無駄にする行為だと頭に入れておきましょう。

 

髪の毛の成長に必要な栄養素が不足している

栄養不足の状態が続いていると、AGAによる抜け毛や薄毛の症状が進行します。

※AGAと栄養不足の詳しい関係性については下記のページでまとめました。

 

AGAと栄養不足の関係性!積極的に摂取したい栄養素は?

 

医薬品を使って一生懸命にAGAの治療を続けていても、髪の毛の成長に必要な栄養素が不足していると太く長く育ちません。

そのため、「AGAが中々治らないな~」と悩んでいる男性は、外用薬や内服薬の服用に加えて次の対策も同時に行いましょう。

  • タンパク質や亜鉛を中心に髪の毛の成長に必要な栄養素をしっかりと摂取する
  • 栄養のバランスに拘って毎日の食生活を送る
  • 食事で足りない栄養素はサプリメントで補う

もちろん、日々の食生活を見直すだけではなく、運動不足や寝不足などの不規則な生活習慣を改善するのも重要です。

 

まとめ

以上のように、「中々AGAによる抜け毛や薄毛の症状を克服できない」と悩んでいる男性のために、AGAが治らない人の特徴をまとめました。

AGAが治らないのは、治療法が間違っていたり薄毛への理解が乏しかったりするのが原因ですね。

自己流の方法ではいつまで経っても理想の髪型やヘアスタイルを手に入れることはできませんので、まずは正しい知識を身に付けることから始めてください。

-AGA治療の基礎知識

東京のおすすめAGAクリニック

1
AGAヘアクリニックの評判をまとめてみた

目次1 AGAヘアクリニックで実施されているAGA治療の特徴は?1.1 医師の診 ...

2
AGAスキンクリニックの評判をまとめてみた

目次1 AGAスキンクリニックで実施されているAGA治療の特徴は?1.1 1ヵ月 ...

3
ヘアメディカルの評判をまとめてみた

目次1 ヘアメディカルで実施されているAGA治療の特徴は?1.1 治療費が1ヶ月 ...