AGA治療のQ&A

AGA治療の副作用で動悸が引き起こされる原因

AGA治療の副作用で動悸が引き起こされる原因はこれだ!

動悸

AGA治療をスタートした男性の中で、次のような症状で悩んでいる方は少なくありません。

  • 今までにはなかった動悸がする
  • 心臓がバクバクとしてちょっと怖い
  • めまいや立ちくらみのような症状が出る

AGA治療の副作用としては性欲減退や男性機能の低下が代表的ですので、動悸やめまいが起こって不安を抱えている男性は多いのではないでしょうか。

そもそも、動悸とは一体何なのか簡単にまとめてみました。

  • 普段よりも心臓の鼓動を強く感じる
  • いつもよりも鼓動が速くなる
  • 脈が乱れているように感じる

AGAの治療を始めた男性が動悸を感じるのは、ミノキシジルを使っているのが原因ですよ。

ミノキシジルの内服薬や外用薬を使用している男性ほど、心臓のバクバクや鼓動の高鳴りを感じます。

なぜミノキシジルの副作用で動悸が引き起こされるのか、考えられる理由を見ていきましょう。

  1. ミノキシジルは元々はAGA治療薬ではなく、降圧剤として開発された
  2. 服用すると体内の血管が拡張して血圧が下がる
  3. 血圧が低下すると体内の酸素が不足して心拍数が上がる
  4. 普段では起こらないような動悸の症状で悩まされる

厚生労働省がリリースした「医薬品等安全性情報 No.157」によると、外用薬のミノキシジルを使用した際に動悸や胸痛を経験した男性が多いという報告がありました。

他の要因も考えられますが、AGAの治療を始めてから動悸の症状が引き起こされたのであれば、ミノキシジルが原因だと考えるべきですね。

 

ミノキシジルタブレットの服用は動悸が起こりやすい!

ミノタブ

ミノキシジルは外用薬も内服薬も、AGAの治療に効果的な成分です。

5%のミノキシジル外用薬を長期塗布した臨床試験で、「著明改善」「中等度改善」「軽度改善」「不変」「悪化」の5段階で評価したところ、次の結果が出ました。

  • 投与してから4週間後に被験者の4.1%に軽度改善が見られた
  • 8週間後には12.2%、12週間後には59.2%の男性が軽度改善した
  • 16週間後からは約10%の被験者に中等度改善が現れた
  • 24週間後が過ぎると著明改善も認められるようになった
  • 40週間後には被験者の97.9%に何かしらの効果や変化があった

これはあくまでも外用薬(ローション)による効果で、内服薬タイプのミノキシジルタブレットではもっと大きな作用が期待できます。

しかし、ミノキシジルタブレットは薄毛改善効果が高い代わりに、副作用として動悸が起こりやすい点には注意が必要です。

頭皮に直接塗布する方法と違い、ミノキシジルタブレットは錠剤を水やぬるま湯で飲む形になります。

身体の内側から全身に作用するため、動悸の症状が起こりやすいのは何となくお分かり頂けるのではないでしょうか。

ミノキシジルタブレットを服用してAGA治療を行っている男性は、動悸以外にも次の症状を訴えています。

  • 胸がグーっと張ってくる
  • 身体が火照って熱くなる
  • ズキズキとした頭痛が起こる

個人の体質で違いがあるものの、ミノキシジルタブレットは身体への負担やダメージが大きいと心得ておくべきです。

 

ミノキシジルの動悸が怖い人はプロペシアやザガーロでAGA治療をしよう

ミノキシジルを含む外用薬や内服薬による動悸が怖い、または「心臓がちょっとヤバいかも」と感じている男性は、他の方法でAGA治療を続けましょう。

ミノキシジルは危険な成分ではありませんし、その証拠として日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでAランクと高い評価を獲得しています。

それでも、心臓の弱い男性が服用して心臓肥大や心不全を発症するリスクも少なからずありますので、プロペシアやザガーロの使用がおすすめです。

プロペシアやザガーロもAGA治療に効果的な医薬品で、どのようなメリットがあるのか幾つか挙げてみました。

  • AGAの最大の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制できる
  • 1日に1錠の錠剤を服用するだけでAGAの治療を継続できる
  • ミノキシジルとは違って動悸やめまいなどの副作用が起こりにくい

どちらの内服薬も、還元酵素の5αリダクターゼを阻害してDHT(ジヒドロテストステロン)を減らすことができる仕組みですね。

AGAスキンクリニックでは、個人の薄毛の症状や体質に合わせてプロペシアやザガーロといった医薬品を処方してくれます。

オリジナル発毛薬のRebirth(リバース)を使ったAGA治療も実施されていますので、まずはAGAスキンクリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

 

参考 AGAスキンクリニックの公式サイトはこちら

 

AGAスキンクリニックの評判をまとめてみた

 

まとめ

以上のように、血管拡張作用で薄毛を改善できるミノキシジルは、外用薬も内服薬も副作用として動悸が起こる場合があります。

AGAの治療薬として効果的なのは紛れもない事実ですが、あまりにも身体の変化が酷い場合は服用を控えた方が良いでしょう。

無理にミノキシジルを使わなくてもプロペシアやザガーロなど他の治療薬はありますので、自分に合う方法を考えてみてください。

-AGA治療のQ&A

東京のおすすめAGAクリニック

1
AGAヘアクリニックの評判をまとめてみた

目次1 AGAヘアクリニックで実施されているAGA治療の特徴は?1.1 医師の診 ...

2
AGAスキンクリニックの評判をまとめてみた

目次1 AGAスキンクリニックで実施されているAGA治療の特徴は?1.1 1ヵ月 ...

3
ヘアメディカルの評判をまとめてみた

目次1 ヘアメディカルで実施されているAGA治療の特徴は?1.1 治療費が1ヶ月 ...