AGA治療のQ&A

AGAとブリーチ剤の関係性!ハゲるって本当?

2018/12/26

ブリーチ剤が原因でAGAを発症する?ハゲるって本当?

ブリーチ剤

ブリーチ剤とは髪の毛の色素を抜くための脱色剤で、ヘアカラーで好みの色を入れたい時に役立ちます。

日本人の髪色は黒ですので、明るいカラーを上から乗せても綺麗に染め上げることはできません。

しかし、最初にブリーチ剤を使って髪の毛の色素を抜いていれば、その後に使うヘアカラー剤の色が入りやすくなるわけですね。

このブリーチ剤は女性だけではなく男性も使っていますが、次の悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

  • ブリーチやヘアカラーの使用でAGAを発症するのでは?
  • ブリーチのやりすぎで抜け毛が増えて薄毛が進行するのでは?
  • 将来的にハゲる確率がアップするのでは?

髪色を変えてオシャレな姿を手に入れることができても、AGAを発症して薄毛が増えて見た目のイメージが悪くなっては意味がないですよね。

結論から言うと、AGAとブリーチ剤には直接的な関係性はありません。

AGAは男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が深く関わっていますので、ブリーチなどの薬剤が原因の抜け毛は男性型脱毛症と無関係です。

ブリーチ剤を使う頻度が多いほどAGAの発症率が高くなるようなデータはなく、直接的にハゲることはありませんので安心してください。

 

ブリーチ剤が原因でAGAの症状が進行する可能性はあり!

ブリーチ剤が直接的な原因になってAGAを発症することはなくても、抜け毛や薄毛の症状が進行する可能性はあります。

つまり、既にAGAを発症している男性がブリーチ剤を使う時は十分に気を付けないといけません。

以下では、ブリーチ剤が原因でAGAによる抜け毛や薄毛の症状が進行しやすい理由をまとめていきます。

 

薬剤による影響で頭皮環境が悪化する

頭皮環境

「AGAの男性はブリーチ剤を使わない方が良い」という噂が飛び交っているのは、薬剤による影響で頭皮環境が悪化しやすいからです。

ブリーチ剤には髪の毛の色を脱色する効果がありますので、当然のように強い薬剤が使われています。

薬剤はデリケートな頭皮には刺激が強く、下記の症状を引き起こす男性は少なくありません。

  • 頭皮に付着して炎症を起こして赤くなったりかゆくなったりする
  • 頭皮の皮膚が乾燥してカサカサの状態になる
  • ヒリヒリやピリピリとした痛みが出る

頭皮環境が悪化すると髪の毛が育つ土壌が荒れるため、健やかな毛髪の成長が妨げられてAGAの症状が進行するメカニズムです。

「髪の毛だけにブリーチ剤を塗布すれば良いのでは?」と考えている方はいますが、少なからず頭皮にも付着しますので気を付けましょう。

 

キューティクルに大きなダメージが加わる

私たちの髪の毛は、性別や年齢に関わらず次の3種類で構成されています。

  • 毛髪の表面をコーティングしているキューティクル
  • キューティクルの内側で毛髪の90%を占めているコルテックス
  • 毛髪の芯の部分に位置しているメデュラ

髪の毛がツヤツヤの状態なのは、表面をキューティクルが覆っているからです。

しかし、ブリーチ剤の使いすぎでキューティクルが傷むと、髪の毛から栄養素や水分が流れ出て弱々しい状態になります。

細くて弱々しい状態は理想とは言えないため、ブリーチ剤がAGAと間接的に関わっているのは間違いありません。

髪の毛へのダメージはハゲる大きな原因ですので、既にAGAを発症してヘアサイクルが短くなっている男性は要注意ですよ。

 

AGAの男性がブリーチ剤で髪の毛を染める際に押さえておきたいポイント

押さえておきたいポイント

AGAの治療中でも、ブリーチ剤やヘアカラー剤を使用できます。

専門医からは避けて欲しいと言われるケースはあるものの、AGAの治療効果がなくなるわけではありません。

だからと言って自己判断でブリーチ剤を使っていると抜け毛や薄毛の症状が加速する恐れがありますので、髪の毛を染める際には次の点を押さえておきましょう。

  • できる限り美容院に足を運んで髪の毛のプロにブリーチを依頼する
  • 自分でブリーチ剤を使う時は事前にパッチテストを行う(頭皮の炎症を未然に防ぐことができる)
  • 髪の毛を染めた後はトリートメントでしっかりと保湿する
  • 一度ブリーチやヘアカラーをしたら、2ヵ月以上は期間を空ける

頭皮や髪の毛へのダメージを少しでも抑える努力をしていれば、ブリーチ剤やヘアカラー剤を使ってもAGAの症状が進行することはないです。

 

まとめ

ブリーチ剤は頭皮環境を悪化させたりキューティクルを傷めたりしますので、AGAによる抜け毛や薄毛の症状が進むリスクはあります。

ブリーチ剤に入っている薬剤は意外と強いので、事前にパッチテストをして肌質に合うのか確かめ、更に染めた後のトリートメントを忘れずに行うべきですね。

もちろん、セルフでのヘアケアや頭皮ケアだけではAGAを治療することはできませんので、秋葉原に医院を構えているAGAヘアクリニックに足を運びましょう。

AGAヘアクリニックではフィナステリドやミノキシジルの処方など、個人のAGAの症状に合わせた治療が実施されていますので、一度無料カウンセリングを受けて薄毛の悩みを相談してみてください。

 

参考 AGAヘアクリニックの公式サイトはこちら

 

AGAヘアクリニックの評判をまとめてみた

 

-AGA治療のQ&A

東京のおすすめAGAクリニック

1
AGAヘアクリニックの評判をまとめてみた

目次1 AGAヘアクリニックで実施されているAGA治療の特徴は?1.1 医師の診 ...

2
AGAスキンクリニックの評判をまとめてみた

目次1 AGAスキンクリニックで実施されているAGA治療の特徴は?1.1 1ヵ月 ...

3
ヘアメディカルの評判をまとめてみた

目次1 ヘアメディカルで実施されているAGA治療の特徴は?1.1 治療費が1ヶ月 ...