AGA治療の基礎知識

AGA治療は産毛を生やすことから始めよう

産毛と普通の髪の毛の違いは?

産毛と普通の髪の毛の違いは?

産毛とは、本来は赤ちゃんの頭皮に生えている柔らかくてサラサラとした毛のことを指します。

  • 普通の髪の毛とは違って細くて短い
  • 触るとサラサラとしている
  • 引っ張ると直ぐに抜けそう

こういったイメージがあり、1㎝未満の長さを産毛と定義しているのです。

「細い」「コシがない」「柔らかい」といった点が普通の髪の毛との違いですが、頭皮から生えている点では変わりありません。

 

AGAの治療は産毛を生やすことから始めよう

AGAの治療を行うに当たり、直ぐに太くて長い髪の毛がぐんぐんと生えてくるとイメージしている男性はいます。

しかし、私たちの髪の毛には以下のヘアサイクルがあるため、治療を開始しても直ぐに変化を得られないのが特徴です。

  • 成長期:3年間~6年間をかけて毛母細胞から髪の毛が生まれて伸びる
  • 退行期:2週間~3週間をかけて成長が少しずつ緩やかになる
  • 休止期:3ヶ月~4ヶ月を経て成長が停止して頭皮から抜け落ちる

長い期間がかかるからこそ、「AGA治療をしているのに髪の毛が生えない」と悩むのではなく、まずは産毛を生やすことから始めてみましょう。

「ハゲを治す=硬いコシのある髪の毛が生えてくる」という考えは間違いで、産毛が成長すると次第に太く長くなっていきます。

「産毛が生えている=AGAの改善の余地がある」と考えられ、その理由を簡単にまとめてみました。

  • 産毛が生えてくればまだ毛母細胞は死んでおらず、細胞分裂で新しい髪の毛を作り出す機能が生きている証拠となる
  • 「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」のヘアサイクルが停止していないと判断できる
  • 最初は見た目上で変化がなくても、だんだんと頑丈な髪の毛への成長が期待できる

産毛が生え始め、そこから太く長く成長させるに当たってそれなりに長い期間がかかります。

それでも、「手遅れで何の対処のしようもない」とは言い切れず、諦めずにAGAの治療や対策をすれば理想のヘアスタイルを手に入れられるのです。

以下では産毛を生やして元気な髪の毛へと成長させるに当たり、どんな対策が必要なのか説明しているので一度チェックしておいてください。

 

専門クリニックを受診してAGA治療を受ける

確実に産毛を生やして太い髪の毛へと成長させたいと考えている男性には、専門クリニックによるAGA治療がおすすめです。

自宅での対策とは異なり、クリニックでの治療にどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • プロペシアやミノキシジルなど医学的効果が認められた薬を使える
  • 頭皮へと発毛有効成分を直接注射する毛髪再生療法が可能
  • 血液検査や遺伝子検査などAGAチェックによる発毛医薬品効果測定が受けられる
  • AGAに関する確かな知識を持った専門医からのアドバイスやサポートを受けられる

AGAの治療薬は、現在ではネット通販の個人輸入代行業者で購入できるようになりました。

しかし、医師による説明を受けることができず、副作用のリスクがつきまとうのでAGAスキンクリニックを受診すべきです。

AGAスキンクリニックではプロペシアやザガーロなどオーソドックスな薬に加えて、発毛実感率の高いオリジナル治療薬を服用してAGAの対策ができるので一度受診してみてください。

 

>>> AGAスキンクリニックの公式サイトはこちら

 

>>> AGAスキンクリニックの評判はこちら

 

DHTの発生を抑制できる成分を含む育毛剤を塗布する

DHTの発生を抑制できる成分を含んだ育毛剤の使用は、産毛を太く育てるに当たって効果的な方法です。

具体的にどんな成分が入っていれば良いのか幾つか挙げてみました。

  • ノコギリヤシ:5αリダクターゼへと働きかけてDHTを減らす
  • イソフラボン:体内の女性ホルモンの増やして相対的に男性ホルモンを抑える
  • ヒオウギエキス:Ⅱ型の5αリダクターゼを阻害する効果を持つ

AGAはDHTによる影響で毛母細胞がダメージを受け、ヘアサイクルが乱れて抜け毛の本数が増えていきます。

つまり、何としてでもDHTの発生を抑えなければならず、有効成分が配合された育毛剤がピッタリなのです。

ただ育毛剤を塗布するだけでは皮膚の表面から浸透しにくいので、1日に数分間程度の頭皮マッサージを行って血行を促す対策を同時に行いましょう。

 

毎日の食生活でバランス良く栄養素を摂取する

髪の毛を健やかに保つために、毎日の食生活でバランス良く栄養素を摂取するのは実に効果的です。

育毛剤で一生懸命にAGAの対策を行っていても、髪の毛の成長に必要な栄養素の量が少なければ産毛は太く長く成長できません。

  • 髪の毛を作る材料となるタンパク質やアミノ酸
  • 髪の毛まで栄養素を送る働きをするビタミンC
  • 頭皮の生まれ変わりや新陳代謝へと働きかけるビタミンB群
  • 成長スイッチの異名を持つミネラルの亜鉛

これらを満遍なく取り入れるのが大事なので、クリニックでAGAの治療を受けている男性も自宅での対策として野菜や魚など様々な食材を平均的に食べる食生活を送ってみてください。

-AGA治療の基礎知識